秋桜歳時記・俳句季語集 《索引》

新年 時候 ・ 天文 ・ 地理 ・ 人事 ・ 動物 ・ 植物
  (時候 ・ 天文 ・ 地理 ・ 人事 ・ 動物 ・ 植物
  (時候 ・ 天文 ・ 地理 ・ 人事 ・ 動物 ・ 植物
  (時候 ・ 天文 ・ 地理 ・ 人事 ・ 動物 ・ 植物
  (時候 ・ 天文 ・ 地理 ・ 人事 ・ 動物 ・ 植物

   ア行()   ハ行()   
   カ行(
)   マ行()   
サ行(
)   ヤ行()    
    タ行(
)   ラ行()    
ナ行(
)   ワ行()        

あいうう(藍植う)春
あいかり(藍刈)夏
あいすくりーむ(アイスクリーム)夏
あおあし(青蘆)夏
あおあらし(青嵐)夏
あおい(葵)夏
あおいまつり(葵祭)夏
あおがき(青柿)夏
あおきのみ(青木の実)冬
あおきり(青桐)夏
あおさ(石蓴)冬
あおさぎ(青鷺)夏
あおさじる(あをさ汁)冬
あおざんしょう(青山椒)夏
あおじ(蒿雀)秋
あおしば(青芝)夏
あおしゃしん(青写真)冬
あおすすき(青芒)夏
あおすだれ(青簾)夏
あおた(青田)夏
あおつた(青蔦)夏
あおとうがらし(青唐辛)夏
あおぬた(青饅)春
あおば(青葉)夏
あおぶどう(青葡萄)夏
あおほおずき(青鬼灯)夏
あおむぎ(青麦)春
あおゆ(青柚)夏
あおよし(青葭)夏
あかぎれ(皹)冬
あかざ(藜)夏
あかしお(赤潮)夏
あかしやのはな(アカシヤの花)夏
あかのまんま(赤のまんま)秋
あき(秋)秋
あきあわせ(秋袷)秋
あきおうぎ(秋扇)秋
あきおしむ(秋惜しむ)秋
あきかぜ(秋風)秋
あきくさ(秋草)秋
あきご(秋蚕)秋
あきさば(秋鯖)秋
あきしぐれ(秋時雨)秋
あきすだれ(秋簾)秋
あきたかし(秋高し)秋
あきちかし(秋近し)夏
あきでみず(秋出水)秋
あきなす(秋茄子)秋
あきのあめ(秋の雨)秋
あきのうみ(秋の海)秋
あきのか(秋の蚊)秋
あきのかや(秋の蚊帳)秋
あきのかわ(秋の川)秋
あきのくも(秋の雲)秋
あきのくれ(秋の暮)秋
あきのこえ(秋の声)秋
あきのしお(秋の潮)秋
あきのしも(秋の霜)秋
あきのせみ(秋の蝉)秋
あきのそら(秋の空)秋
あきのた(秋の田)秋
あきのちょう(秋の蝶)秋
あきのの(秋の野)秋
あきのはえ(秋の蝿)秋
あきのひ(秋の日)秋
あきのひ(秋の燈)秋
あきのへんろ(秋の遍路)秋
あきのみず(秋の水)秋
あきのやま(秋の山)秋
あきのよ(秋の夜)秋
あきばれ(秋晴)秋
あきひがん(秋彼岸)秋
あきふかし(秋深し)秋
あきまつり(秋祭)秋
あきまゆ(秋繭)秋
あきめく(秋めく)秋
あけび(通草)秋
あけびのはな(通草の花)春
あさ(麻)夏
あさがお(朝顔)秋
あさがおなえ(朝顔苗)夏
あさがおのみ(朝顔の実)秋
あさがおまく(朝顔蒔く)春
あさぐもり(朝曇)夏
あさざ(浅沙)夏
あささむ(朝寒)秋
あさつき(胡葱)春
あさね(朝寝)春
あさばたけ(麻畠)夏
あさまく(麻蒔く)春
あざみのはな(薊の花)春
あさり(浅蜊)春
あし(蘆)秋
あじ(鯵)夏
あじうり(鯵売)夏
あしかり(蘆刈)秋
あじさい(紫陽花)夏
あしぬくめ(足温め)冬
あしのつの(蘆の角)春
あしのはな(蘆の花)秋
あしのほわた(蘆の穂絮)秋
あしび(蘆火)秋
あしべおどり(蘆辺踊)春
あじろ(網代)冬
あずき(小豆)秋
あずきがゆ(小豆粥)新年
あずまおどり(東踊)春
あずまぎく(東菊)春
あせ(汗)夏
あせとり(汗袗)夏
あせてぬき(汗手貫)夏
あぜぬり(畦塗)春
あせびのはな(馬酔木の花)春
あせも(汗疹)夏
あたたか(暖か)春
あたためざけ(暖め酒)秋
あつかん(熱燗)冬
あつさ(暑さ)夏
あつし(厚司)冬
あなご(穴子)夏
あなまどい(穴まどい)秋
あねもね(アネモネ)春
あぶ(虻)春
あぶらむし(油虫)夏
あまがえる(雨蛙)夏
あまごい(雨乞)夏
あまざけ(甘酒)夏
あまちゃ(甘茶)春
あまのがわ(天の川)秋
あまりりす(アマリリス)夏
あみがさ(編笠)夏
あみじゅばん(網襦袢)夏
あみど(網戸)夏
あめゆ(飴湯)夏
あめんぼう(あめんぼう)夏
あやめ(あやめ)夏
あゆ(鮎)夏
あゆくみ(鮎汲)春
あゆたか(鮎鷹)夏
あゆつり(鮎釣)夏
あらい(あらひ)夏
あらめ(荒布)夏
あらめぶね(荒布船)夏
あられ(霰)冬
あり(蟻)夏
ありじごく(蟻地獄)夏
あわ(粟)秋
あわせ(袷)夏
あわび(鮑)春
あわびとり(鮑取)春
あわまき(粟蒔)夏
あんか(行火)冬
あんご(安居)夏
あんこう(鮟鱇)冬
あんこうなべ(鮟鱇鍋)冬
あんず(杏子)夏
あんずのはな(杏の花)春


(藺)夏
いいだこ(飯蛸)春
いうう(藺植う)冬
いか(烏賊)夏
いかなご(いかなご)春
いかり(藺刈)夏
いきしろし(息白し)冬
いきみたま(生身魂)秋
いけぶしん(池普請)冬
いさぎ(いさぎ)冬
いざよい(十六夜)秋
いずみ(泉)夏
いずみどの(泉殿)夏
いせまいり(伊勢参)春
いそあそび(磯遊)春
いそかまど(磯竈)春
いそぎんちゃく(磯巾着)春
いそびらき(磯開)春
いたち(鼬)冬
いたちわな(鼬罠)冬
いたどり(虎杖)春
いたどりのはな(虎杖の花)夏
いちいのみ(一位の実)秋
いちがつ(一月)新年
いちご(苺)夏
いちごのはな(苺の花)春
いちじく(無花果)秋
いちはつ(一八)夏
いちょうおちば(銀杏落葉)冬
いちょうもみじ(銀杏紅葉)秋
いっさき(一茶忌)冬
いっぺきろうき(一碧楼忌)冬
いてかえる(凍返る)春
いてちょう(凍蝶)冬
いてつち(凍土)冬
いてづる(凍鶴)冬
いてどけ(凍解)春
いとど(竈馬)秋
いととり(糸取)夏
いととんぼ(糸蜻蛉)夏
いなご(蝗)秋
いなすずめ(稲雀)秋
いなた(稲田)秋
いなづま(稲妻)秋
いぬふぐり(いぬふぐり)春
いね(稲)秋
いねかり(稲刈)秋
いねこき(稲扱)秋
いねのはな(稲の花)秋
いのこ(亥の子)冬
いのこづち(いのこづち)秋
いのしし(猪)秋
いのはな(藺の花)夏
いばらのはな(茨の花)夏
いばらのみ(茨の実)秋
いまちづき(居待月)秋
いも(芋)秋
いもうう(芋植う)春
いもずいしゃ(芋水車)秋
いもばた(芋畑)秋
いもむし(芋虫)秋
いもり(ゐもり)夏
いろどり(色鳥)秋
いろり(囲炉裏)冬
いわし(鰯)秋
いわしぐも(鰯雲)秋
いわしひき(鰯引)秋
いわな(岩魚)夏
いわまつ(巌松)夏
いんげんまめ(隠元豆)秋


ういきょうのはな(茴香の花)夏
うえきいち(植木市)夏
うえた(植田)夏
うおじま(魚島)春
うかい(鵜飼)夏
うきくさ(萍)夏
うきぐさもみじ(萍紅葉)秋
うきす(浮巣)夏
うきにんぎょう(浮人形)夏
うきねどり(浮寝鳥)冬
うぐいす(鶯)春
うぐいすな(鶯菜)春
うぐいすもち(鶯餅)春
うげつ(雨月)秋
うご(海髪)春
うこぎ(五加木)春
うこぎめし(五加木飯)春
うこんのはな(鬱金の花)秋
うさぎ(兔)冬
うさぎがり(兔狩)冬
うじ(蛆)夏
うしひやす(牛冷す)夏
うすばかげろう(薄羽蜉蝣)秋
うずみび(埋火)冬
うすもの(羅)夏
うすもみじ(薄紅葉)秋
うずら(鶉)秋
うすらい(薄氷)春
うそ(鷽)春
うそがえ(鷽替)新年
うそさむ(うそ寒)秋
うたいぞめ(謡初)新年
うちみず(打水)夏
うちわ(団扇)夏
うちわはる(団扇貼る)夏
うづき(卯月)夏
うつせみ(空蝉)夏
うど(独活)春
うどのはな(独活の花)夏
うどんげ(優曇華)夏
うなぎ(鰻)夏
うなみ(卯浪)夏
うに(雲丹)春
うのはな(卯の花)夏
うのはなくだし(卯の花腐し)夏
うひょう(雨氷)冬
うまいち(馬市)春
うまおい(馬追)秋
うまごやし(苜蓿)春
うまこゆる(馬肥ゆる)秋
うまひやす(馬冷す)夏
うまやだし(厩出し)春
うみほおずき(海酸漿)夏
うめ(梅)春
うめばちそう(梅鉢草)夏
うめぼし(梅干)夏
うめみ(梅見)春
うめもどき(梅擬)秋
うめわかき(梅若忌)春
うらがれ(末枯)秋
うらにし(裏西風)冬
うらぼん(盂蘭盆)秋
うららか(麗か)春
うり(瓜)夏
うりごや(瓜小屋)夏
うりぞめ(売初)新年
うりづけ(売漬)夏
うりのはな(瓜の花)夏
うりばん(瓜番)夏
うるしかき(漆掻)夏
うるしもみじ(漆紅葉)秋
うるめいわし(潤目鰯)冬
うんか(浮塵子)秋
うんかい(雲海)夏
うんどうかい(運動会)春


えかいう(餌飼鵜)冬
えごのはな(えごの花)夏
えぞぎく(蝦夷菊)夏
えだまめ(枝豆)秋
えにしだ(金雀枝)夏
えのころぐさ(狗尾草)秋
えのみ(榎の実)秋
えびすこう(夷講)秋
えほうまいり(恵方詣)新年
えもんだけ(衣紋竹)夏
えりまき(襟巻)冬
えんざ(円座)夏
えんじゅさい(延寿祭)新年
えんそく(遠足)春
えんてん(炎天)夏
えんどう(豌豆)夏
えんどうひき(豌豆引)夏
えんままいり(閻魔詣)夏


おいうぐいす(老鶯)夏
おいばね(追羽子)新年
おいまわた(負真綿)冬
おいらんそう(花魁草)夏
おうぎ(扇)夏
おうしょくき(黄蜀葵)夏
おうちのはな(楝の花)夏
おうばい(黄梅)春
おおいしき(大石忌)春
おおかみ(狼)冬
おおそうじ(大掃除)春
おおどし(大年)冬
おおばこのはな(車前草の花)夏
おおぶく(大服)新年
おおみそか(大晦日)冬
おおやまれんげ(大山蓮華)夏
おおわた(大綿)冬
おかぼ(陸稲)秋
おがら(苧殻)秋
おぎ(荻)秋
おきごたつ(置炬燵)冬
おきなます(沖膾)夏
おぎわかば(荻若葉)春
おくて(晩稲)秋
おくりび(送火)秋
おけらまいり(白朮詣)新年
おこしえ(起し絵)夏
おさがり(御降)新年
おじぎそう(含羞草)夏
おしどり(鴛鴦)冬
おしろいのはな(白粉の花)秋
おそのまつり(獺の祭り)春
あたいまつ(御松明)春
おたうえ(御田植)夏
おちあゆ(落鮎)秋
あちうなぎ(落鰻)秋
おちば(落葉)冬
おちばかき(落葉掻)冬
おちぼ(落穂)秋
おでん(おでん)冬
おとこえし(男郎花)秋
おとしづの(落し角)春
おとしぶみ(落し文)夏
おとしみず(落し水)秋
おとり(囮)秋
おどり(踊)秋
おとりこし(御取越)冬
おどりこそう(踊子草)夏
おはちいれ(飯櫃入)冬
おはなばたけ(お花畠)夏
おほたき(お火焚)冬
おぼろ(朧)春
おぼろづき(朧月)春
おみずとり(御水取)春
おみなえし(女郎花)秋
おみぬぐい(御身拭)春
おめいこう(御命講)秋
おもだか(沢瀉)夏
およぎ(泳ぎ)夏
おりぞめ(織初)新年
おんじゃく(温石)冬
おんどる(温突)冬
おんなれいじゃ(女礼者)新年


(蚊)夏
かーねーしょん(カーネーション)夏
かいこ(蚕)春
かいこうず(海紅豆)夏
かいこかう(蚕飼う)春
かいすいぎ(海水着)夏
かいぞめ(買初)新年
かいちょう(開帳)春
がいとう(外套)冬
かいどう(海棠)春
かいつぶり(鳰)冬
かいよせ(貝寄風)春
かいわりな(貝割菜)秋
かいらいし(傀儡師)新年
かいろ(懐炉)冬
かえでのはな(楓の花)春
かえでのめ(楓の芽)春
かえるかり(帰る雁)春
かえりばな(帰り花)冬
かおみせ(顔見世)冬
かがみもち(鏡餅)新年
かがし(案山子)秋
ががんぼ(ががんぼ)夏
かき(柿)秋
かき(牡蠣)冬
かきおちば(柿落葉)冬
かきぞめ(書初)新年
かきつくろう(垣繕う)春
かきつばた(杜若)夏
かきのはな(柿の花)夏
かきぶね(牡蠣船)冬
かきむく(牡蠣むく)冬
かきめし(牡蠣飯)冬
かきもみじ(柿紅葉)秋
かきわかば(柿若葉)夏
がくのはな(額の花)夏
かくぶつ(杜父魚)冬
かぐら(神楽)冬
かくらん(霍乱)夏
かくれみの(かくれ蓑)夏
かけこう(掛香)夏
かけす(懸巣)秋
かけたばこ(懸煙草)秋
かげろう(陽炎)春
かげろう(蜉蝣)秋
かけごい(掛乞)冬
かごまくら(籠枕)夏
かざぐるま(風車)春
かささぎ(鵲)秋
かささぎのす(鵲の巣)春
かざはな(風花)冬
かさねぎ(重ね着)冬
かざり(飾り)新年
かざりうす(飾臼)新年
かざりうり(飾売)冬
かざりおさめ(飾納)新年
かじ(火事)冬
かじかむ(悴む)冬
かじか(河鹿)夏
かじか(鰍)秋
かしゅういも(何首烏芋)秋
がじょう(賀状)新年
かじのは(梶の葉)秋
かしのみ(樫の実)秋
かじまり(梶鞠)秋
かじめ(搗布)春
かじめぶね(搗布船)春
かしわかば(樫若葉)夏
かしわもち(柏餅)夏
かすじる(粕汁)冬
かすみ(霞)春
かすがまつり(春日祭)春
かずのこ(数の子)新年
かぜ(風邪)冬
かぜかおる(風薫る)夏
かぜのぼん(風の盆)秋
かぜひかる(風光る)春
かぜよけ(風除)冬
かたかげ(片陰)夏
かたくりのはな(片栗の花)春
かたしろ(形代)夏
かたつむり(蝸牛)夏
かたばみ(酢漿草)夏
かたびら(帷子)夏
かつお(鰹)夏
かつおつり(鰹釣)夏
かっけ(脚気)夏
かと(蝌蚪)春
かどまつ(門松)新年
かどまつたつ(門松立つ)冬
かどび(門火)秋
かに(蟹)夏
かねたたき(鉦叩)秋
かのこ(鹿の子)夏
かび(黴)夏
かびのやど(黴の宿)夏
かびや(鹿火屋)秋
かぶら(蕪)冬
かぶとむし(兜虫)夏
かぶらじる(蕪汁)冬
かぼちゃ(南瓜)秋
かぼちゃのはな(南瓜の花)夏
かぼちゃまく(南瓜蒔く)春
がま(蒲)夏
かまいたち(鎌鼬)冬
かまどねこ(竈猫)冬
がまのほ(蒲の穂)夏
がまのほわた(蒲の穂綿)秋
がまむしろ(蒲莚)夏
かみあらう(髪洗う)夏
かみきりむし(髪切虫)夏
かみこ(紙衣)冬
かみすき(紙漉)冬
かみなり(雷)夏
かみのたび(神の旅)冬
かみむかえ(神迎え)冬
かめなく(亀鳴く)春
かめのこ(亀の子)夏
かも(鴨)冬
かもがわおどり(鴨川踊)夏
かもじぐさ(髢草)春
かや(萱)秋
かや(蚊帳)夏
かやかる(萱刈る)秋
かやつりぐさ(蚊帳吊草)夏
かやのみ(榧の実)秋
かやのわかれ(蚊帳の別れ)秋
かやりび(蚊遣火)夏
からかぜ(空風)冬
からしな(芥菜)春
からすうり(烏瓜)秋
からすうりのはな(烏瓜の花)夏
からすがい(烏貝)春
からすのこ(烏の子)夏
からすのす(烏の巣)春
からたちのはな(枸橘の花)春
からつゆ(空梅雨)夏
からむし(苧)夏
かり(雁)秋
かり(狩)冬
かりうど(猟人)冬
かりた(刈田)秋
かりん(榠櫨)秋
かるかや(刈萱)秋
かるた(歌留多)新年
かるのこ(軽鳧の子)夏
かれあし(枯蘆)冬
かれあぜ(枯畦)冬
かれい(鰈)夏
かれいばら(枯茨)冬
かれおばな(枯尾花)冬
かれき(枯木)冬
かれぎく(枯菊)冬
かれくさ(枯草)冬
かれくわ(枯桑)冬
かれこだち(枯木立)冬
かれしば(枯芝)冬
かれつた(枯蔦)冬
かれづる(枯蔓)冬
かれの(枯野)冬
かれは(枯葉)冬
かれはぎ(枯萩)冬
かればしょう(枯芭蕉)冬
かれはす(枯蓮)冬
かれふよう(枯芙蓉)冬
かれむぐら(枯葎)冬
かれやなぎ(枯柳)冬
かれやまぶき(枯山吹)冬
かわがり(川狩)夏
かわず(蛙)春
かわせみ(翡翠)夏
かわとんぼ(川蜻蛉)夏
かわばおり(皮羽織)冬
かわびらき(川開)夏
かわぶとん(革布団)夏
かんあけ(寒明)春
がんがさ(雁瘡)秋
かんがらす(寒鴉)冬
がんぎ(雁木)冬
かんぎく(寒菊)冬
かんきゅう(寒灸)冬
かんげいこ(寒稽古)冬
かんげつ(寒月)冬
かんごい(寒鯉)冬
かんごえ(寒声)冬
かんごえ(寒肥)冬
かんこどり(閑古鳥)夏
かんごり(寒垢離)冬
かんざらい(寒復習)冬
かんざらし(寒曝)冬
かんじき(かんじき)冬
がんじつ(元日)新年
かんしょ(甘藷)秋
かんしょうう(甘藷植う)夏
かんすずめ(寒雀)冬
かんせぎょう(寒施行)冬
かんぞうのはな(萱草の花)夏
かんたん(邯鄲)秋
かんたまご(寒卵)冬
かんちくのこ(寒竹の子)冬
がんちょう(元朝)新年
かんちょう(観潮)春
かんづくり(寒造)冬
かんつばき(寒椿)冬
かんづり(寒釣)冬
かんてんつくる(寒天造る)冬
かんとう(寒燈)冬
かんな(カンナ)秋
かんなづき(神無月)冬
かんのあめ(寒の雨)冬
かんのいり(寒の入)冬
かんのうち(寒の内)冬
かんのみず(寒の水)冬
かんねぶつ(寒念仏)冬
かんばい(寒梅)冬
がんぴ(岩菲)夏
かんびき(寒弾)冬
かんぴょうほす(干瓢干す)夏
かんぶつ(潅仏)春
かんぶな(寒鮒)冬
がんぶろ(雁風呂)春
かんべに(寒紅)冬
かんぼけ(寒木瓜)冬
かんぼたん(寒牡丹)冬
かんみまい(寒見舞)冬
かんもうで(寒詣)冬
かんもち(寒餅)冬


きいちご(木苺)夏
きいちごのはな(木苺の花)春
きう(喜雨)夏
ぎおんまつり(祗園祭)夏
きかくき(其角忌)春
ききょう(桔梗)秋
ききょうのめ(桔梗の芽)春
きく(菊)秋
きくいただき(菊戴)秋
きくくよう(菊供養)秋
きくなます(菊膾)秋
きくにんぎょう(菊人形)秋
きくねわけ(菊根分)春
きくのなえ(菊の苗)春
きくばたけ(菊畑)秋
きくまくら(菊枕)秋
きくらげ(木耳)夏
きくわかば(菊若葉)春
きさご(細螺)春
きさらぎ(如月)春
きじ(雉)春
きじうち(雉打)春
ぎしぎしのはな(羊蹄の花)夏
きじのす(雉の巣)春
きす(鱚)夏
きずいせん(黄水仙)春
きすげのはな(黄菅の花)夏
きせい(帰省)夏
きたかぜ(北風)冬
きたざとしばさぶろうき(北里柴三郎忌)夏
きたまどひらく(北窓開く)春
きたまどふさぐ(北窓塞ぐ)冬
きつつき(啄木鳥)秋
きつね(狐)冬
きつねび(狐火)冬
きつねわな(狐罠)冬
きながし(木流し)春
きぬいとそう(絹糸草)夏
きぬかつぎ(衣被)秋
きぬた(砧)秋
きのこ(菌)秋
きび(黍)秋
きびばたけ(黍畑)秋
きぶくれ(着ぶくれ)冬
ぎふちょうちん(岐阜提灯)秋
ぎぼうし(擬宝珠)夏
ぎゃく(瘧)夏
きゃんぷ(キャンプ)夏
きゅうしょうがつ(旧正月)春
きゅうにゅうき(吸入器)冬
きゅうり(胡瓜)夏
きゅうりのはな(胡瓜の花)夏
きゅうりまく(胡瓜蒔く)春
きゅうりもみ(胡瓜もみ)夏
ぎょうずい(行水)夏
きょうちくとう(夾竹桃)夏
ぎょき(御忌)春
きょくすい(曲水)春
ぎょけい(御慶)新年
きょしき(虚子忌)春
きょらいき(去来忌)秋
きり(霧)秋
きりぎりす(螽斯)秋
きりざんしょう(切山椒)新年
きりのはな(桐の花)夏
きりのみ(桐の実)秋
きりひとは(桐一葉)秋
きりぼし(切干)冬
きりんそう(麒麟草)夏
きんかん(金柑)秋
きんぎょ(金魚)夏
きんぎょうり(金魚売)夏
きんぎょそう(金魚草)夏
きんぎょだま(金魚玉)夏
きんぎょも(金魚藻)夏
きんせんか(金盞花)春
ぎんなん(銀杏)秋
きんぽうげ(金鳳花)春
きんろうかんしゃのひ(勤労感謝の日)冬


くいつみ(喰積)新年
くいな(水鶏)夏
くがつ(九月)秋
くきづけ(茎漬)冬
くくたち(茎立)春
くこ(枸杞)春
くこのみ(枸杞の実)秋
くこめし(枸杞飯)春
くさいきれ(草いきれ)夏
くさいち(草市)秋
くさかげろう(草蜉蝣)秋
くさかり(草刈)夏
くさぎのはな(臭木の花)秋
くさぎのみ(臭木の実)秋
くさしげる(草茂る)夏
くさとり(草取)夏
くさどまり(草泊)秋
くさのはな(草の花)秋
くさのみ(草の実)秋
くさのめ(草の芽)春
くさひばり(草雲雀)秋
くさぶえ(草笛)夏
くさめ(嚔)冬
くさもち(草餅)春
くさもみじ(草紅葉)秋
くさや(草矢)夏
くさわかば(草若葉)春
くじゃくそう(孔雀草)夏
くじら(鯨)冬
くじらじる(鯨汁)冬
くず(葛)秋
くすだま(薬玉)夏
くずのはな(葛の花)秋
くずほる(葛掘る)秋
くずまんじゅう(葛饅頭)夏
くずみず(葛水)夏
くずもち(葛餅)夏
くずゆ(葛湯)冬
くすりぐい(薬喰)冬
くすりのひ(薬の日)夏
くすりほる(薬掘る)秋
くすわかば(樟若葉)夏
くずれやな(崩れ簗)秋
くだりやな(下り簗)秋
くちなし(山梔子)秋
くちなしのはな(山梔子の花)夏
くちきり(口切)冬
くつわむし(轡虫)秋
くぬぎもみじ(橡紅葉)秋
くねんぼ(九年母)秋
くま(熊)冬
くままつり(熊祭)冬
ぐみ(茱萸)秋
くも(蜘蛛)夏
くものい(蜘蛛の囲)夏
くものこ(蜘蛛の子)夏
くものみね(雲の峰)夏
くらげ(海月)夏
ぐらじおらす(グラジオラス)夏
くらまのたけきり(鞍馬の竹伐)夏
くり(栗)秋
くりすます(クリスマス)冬
くりのはな(栗の花)夏
くりめし(栗飯)秋
くるみ(胡桃)秋
くれのあき(暮の秋)秋
くれのはる(暮の春)春
くろだい(黒鯛)夏
くろっかす(クロッカス)春
くろはえ(黒南風)夏
くろほ(黒穂)夏
くわ(桑)春
くわい(慈姑)春
くわうう(桑植う)春
くわくくる(桑括る)冬
くわつみ(桑摘)春
くわのはな(桑の花)春
くわのみ(桑の実)夏
くわのめ(桑の芽)春
くわはじめ(鍬始)新年


けいこはじめ(稽古始)新年
けいちつ(啓蟄)春
けいと(競渡)夏
けいとあむ(毛糸編む)冬
けいとう(鶏頭)秋
けいとうまく(鶏頭蒔く)春
けいば(競馬)夏
けいろうのひ(敬老の日)秋
げがき(夏書)夏
けがわ(毛皮)冬
げげ(解夏)秋
けごろも(毛衣)冬
げし(夏至)夏
けしかき(罌粟掻)夏
げじげじ(蚰蜒)夏
けしずみ(消炭)冬
けしのはな(罌粟の花)夏
けしぼうず(罌粟坊主)夏
けしわかば(罌粟若葉)春
けそうぶみ(懸想文)冬
げばな(夏花)夏
けみ(毛見)秋
けむし(毛虫)夏
けむしやく(毛虫焼く)夏
けら(螻蛄)夏
けらなく(螻蛄鳴く)秋
げんげ(紫雲英)春
げんげまく(紫雲英蒔く)秋
けんこくきねんのひ(建国記念の日)春
げんごろう(源五郎)夏
げんとう(厳冬)冬
げんのしょうこ(げんのしょうこ)夏
げんばくき(原爆忌)秋
けんぽうきねんび(憲法記念日)夏


こいのぼり(鯉幟)夏
こーと(コート)冬 
こーひーのはな(コーヒーの花)春
こうじ(柑子)秋
こうしょくき(紅蜀葵)夏
こうすい(香水)夏
こうぞのはな(楮の花)春
こうばい(紅梅)春
こうほね(河骨)夏
こうま(仔馬)春
こうもり(蝙蝠)夏
こおり(氷)冬
こおりごんにゃく(氷蒟蒻)冬
こおりどうふ(氷豆腐)冬
こおりどけ(氷解け)春
こおりみず(氷水)夏
こおりもち(氷餅)夏
こおる(凍る)冬
こおろぎ(蟋蟀)秋
ごがつ(五月)夏
こがねむし(黄亀虫)夏
こがら(小雀)秋
こがらし(凩)冬
ごくげつ(極月)冬
ごくしょ(極暑)夏
こくぞう(穀象)夏
こけのはな(苔の花)夏
こごめばな(小米花)春
こしたやみ(木下闇)夏
こしゅ(古酒)秋
こすもす(秋桜)秋
ごせんぐう(御遷宮)秋
こぞことし(去年今年)新年
こたつ(炬燵)冬
こたつふさぐ(炬燵塞ぐ)春
こち(東風)春
こち(鯒)夏
こちゃ(古茶)夏
こちょうらん(こてふ蘭)夏
こでまりのはな(小粉団の花)春
ことはじめ(事始)冬
こどものひ(子供の日)夏
ことり(小鳥)秋
ことりあみ(子鳥網)秋
こなぎつむ(小水葱摘む)春
こねこ(子猫)春
このは(木の葉)冬
このはがみ(木の葉髪)冬
このはなおどり(此花踊)春
このみ(木の実)秋
このみうう(木の実植う)春
このみごま(木の実独楽)秋
このめ(木の芽)春
このめあえ(木の芽和)春
このわた(海鼠腸)冬
こはる(小春)冬
こばんそう(小判草)夏
こぶし(辛夷)春
ごぼうひく(牛蒡引く)秋
ごぼうまく(牛蒡蒔く)春
こま(独楽)新年
ごま(胡麻)秋
こまい(氷下魚)冬
こまいつる(氷下魚釣る)冬
こまつなぎ(駒繋)夏
こまつびき(小松引)新年
こまどり(駒鳥)春
ごまのはな(胡麻の花)夏
ごまめ(ごまめ)新年
ごめいこう(御命講)秋
こもちはぜ(子持櫨)春
こものめ(菰の芽)春
ごようおさめ(御用納)冬
ごようはじめ(御用始)新年
こよみうり(暦売)冬
ごらいごう(御来迎)夏
ごり(鮴)夏
これら(コレラ)夏
ころもがえ(更衣)夏
こんにゃくうう(蒟蒻植う)春
こんにゃくほる(蒟蒻掘る)冬
こんぶ(昆布)夏


さいかくき(西鶴忌)秋
さいかち(皀角子)秋
さいぎょうき(西行忌)春
さいだー(サイダー)夏
さいひょう(採氷)冬
さいひょうせん(砕氷船)冬
さえかえる(冴返る)春
さえずり(囀)春
さおとめ(早乙女)夏
さかがみまつり(逆髪祭)秋
さかきのはな(榊の花)夏
さがねんぶつ(嵯峨念仏)春
さぎそう(鷺草)夏
さぎちょう(左義長)新年
さぎのす(鷺の巣)春
さくら(桜)春
さくらうぐい(桜うぐい)春
さくらがい(桜貝)春
さくらそう(桜草)春
さくらだい(桜鯛)春
さくらづけ(桜漬)春
さくらもち(桜餅)春
さくらもみじ(桜紅葉)秋
さくらんぼ(さくらんぼ)夏
ざくろ(石榴)秋
ざくろのはな(石榴の花)夏
さけ(鮭)秋
さけごや(鮭小屋)秋
さざえ(栄螺)春
ささげ(さゝげ)秋
ささなき(笹鳴)冬
さざんか(山茶花)冬
さしき(挿木)春
さつき(皐月)夏
さつき(杜鵑花)夏
さつきばれ(五月晴)夏
さつきふじ(皐月富士)夏
さつきやみ(五月闇)夏
さっすいしゃ(撒水車)夏
さとうみず(砂糖水)夏
さとかぐら(里神楽)冬
さなえ(早苗)夏
さなえとり(早苗取)夏
さなぶり(早苗ぶり)夏
さねともき(實朝忌)春
さば(鯖)夏
さふらんのはな(サフランの花)春
さぼてん(仙人掌)夏
ざぼん(朱欒)秋
ざぼんのはな(朱欒)夏
さみだれ(五月雨)夏
さむさ(寒さ)冬
さもも(早桃)夏
さゆる(冴ゆる)冬
さより(さより)春
さらし(晒布)夏
さらしい(晒井)夏
さるざけ(猿酒)秋
さるすべり(百日紅)夏
さるびあ(サルビア)夏
さるまわし(猿廻し)新年
さわやか(爽やか)秋
さわら(鰆)春
さんが(蚕蛾)夏
ざんか(残花)春
さんがつ(三月)春
さんがつな(三月菜)春
さんがにち(三ヶ日)新年
さんかんしおん(三寒四温)冬
ざんぎく(残菊)秋
さんきらいのはな(山帰来の花)春
さんぐらす(サングラス)夏
ざんしょ(残暑)秋
さんしょうのはな(山椒の花)春
さんしょうのみ(山椒の実)秋
さんしょうのめ(山椒の芽)春
ざんせつ(残雪)春
さんのうまつり(山王祭)春
さんま(秋刀魚)秋


しいたけ(椎茸)秋
しいのはな(椎の花)夏
しいのみ(椎の実)秋
しいわかば(椎若葉)夏
しおあび(潮浴)夏
しおざけ(塩鮭)冬
しおひ(汐干)春
しおまねき(汐まねき)春
しおん(紫苑)秋
しか(鹿)秋
しがつ(四月)春
しがつばか(四月馬鹿)春
しぎ(鴫)秋
しきき(子規忌)秋
じきたりす(ジキタリス)夏
しきまつば(敷松葉)冬
しきみのはな(樒の花)春
しぎやき(鴫焼)夏
しくらめん(シクラメン)春
しぐれ(時雨)冬
しげり(茂)夏
しごとはじめ(仕事始)新年
ししがき(鹿垣)秋
ししまい(獅子舞)新年
しじみ(蜆)春
しじみとり(蜆採)春
しじゅうがら(四十雀)秋
しそ(紫蘇)夏
じぞうぼん(地蔵盆)秋
しそのみ(紫蘇の実)秋
しだ(歯朶)新年
しだかり(歯朶刈)冬
したたり(滴り)夏
したもえ(下萌)春
しちがつ(七月)夏
しちごさん(七五三)冬
しちふくじんまいり(七福神詣)新年
しどみのはな(しどみの花)春
しねらりや(シネラリヤ)春
しぶとり(渋取)秋
しまばらたゆうのどうちゅう(島原太夫の道中)春
しみ(紙魚)夏
しみず(清水)夏
じむしなく(地虫鳴く)秋
しめかざる(注連飾る)冬
しめじ(湿地茸)秋
しめつくり(注連作)冬
しめもらい(注連貰)新年
しも(霜)冬
しもがれ(霜枯)冬
しもくすべ(霜くすべ)春
しもつき(霜月)冬
しもつけ(繍線菊)夏
しもやけ(霜焼)冬
しもよけ(霜除)冬
しゃが(著莪)夏
しゃかいなべ(社会鍋)冬
じゃがいも(馬鈴薯)秋
じゃがいものはな(馬鈴薯の花)夏
しゃくとり(尺蠖)夏
しゃくなげ(石楠花)春
しゃくやく(芍薬)夏
しゃくやくのめ(芍薬の芽)春
しゃこ(蝦蛄)夏
しゃぼんだま(石鹸玉)春
しゃらのはな(沙羅の花)夏
じゅういちがつ(十一月)冬
しゅうかいどう(秋海棠)秋
じゅうがつ(十月)秋
しゅうこう(秋耕)秋
じゅうごや(十五夜)秋
じゅうさんまいり(十三詣)春
しゅうせん(鞦韆)春
じゅうにがつ(十二月)冬
じゅうや(十夜)冬
じゅうやく(十薬)夏
じゅくし(熟柿)秋
じゅずだま(数珠玉)秋
しゅとう(種痘)春
じゅなんせつ(受難節)春
しゅろのはな(棕櫚の花)夏
しゅろはぐ(棕櫚剥ぐ)冬
しゅんぎく(春菊)春
しゅんぎょう(春暁)春
しゅんこう(春光)春
しゅんしゅう(春愁)春
しゅんちゅう(春昼)春
しゅんちょう(春潮)春
しゅんでい(春泥)春
しゅんとう(春燈)春
しゅんみん(春眠)春
しゅんらい(春雷)春
しゅんらん(春蘭)春
しょうが(生姜)秋
しょうがいち(生姜市)秋
しょうがざけ(生姜酒)冬
しょうかん(小寒)冬
じょうさいうり(定斎売)夏
しょうじ(障子)冬
しょうじあらう(障子洗う)秋
しょうじはる(障子貼る)秋
じょうぞく(上蔟)夏
しょうちゅう(焼酎)夏
じょうふ(上布)夏
しょうぶ(菖蒲)夏
しょうぶえん(菖蒲園)夏
しょうぶねわけ(菖蒲根分)春
しょうぶのめ(菖蒲の芽)春
しょうぶふく(菖蒲葺く)夏
しょうぶゆ(菖蒲湯)夏
しょうゆつくる(醤油造る)夏
しょうりょうぶね(精霊舟)秋
しょーる(ショール)冬
しょうろ(松露)春
しょか(初夏)夏
しょきあたり(暑気中)夏
しょきばらい(暑気払い)夏
じょたん(助炭)冬
じょちゅうぎく(除虫菊)夏
しょちゅうみまい(暑中見舞)夏
じょや(除夜)冬
じょやのかね(除夜の鐘)冬
しらうお(白魚)春
しらおぶね(白魚舟)春
しらすぼし(白子干)春
しらたま(白玉)夏
しらぬい(不知火)秋
しらん(紫蘭)夏
しろうり(越瓜)夏
じろうしゅ(治聾酒)春
しろかく(代掻く)夏
しろぐつ(白靴)夏
しろざけ(白酒)春
しろた(代田)夏
しわす(師走)冬
しんいも(新藷)夏
しんきろう(蜃気楼)春
しんさいき(震災忌)秋
しんしぶ(新渋)秋
しんしゅ(新酒)秋
しんじゅ(新樹)夏
しんそば(新蕎麦)秋
しんちぢり(新松子)秋
しんちゃ(新茶)夏
しんどうふ(新豆腐)秋
しんねん(新年)新年
しんのうさい(神農祭)冬
しんのり(新海苔)冬
じんべい(甚平)夏
しんまい(新米)秋
しんりょう(新涼)秋
しんりょく(新緑)夏
しんわた(新綿)秋
しんわら(新藁)秋


すいか(西瓜)秋
すいかずらのはな(忍冬の花)夏
すいかのはな(西瓜の花)夏
ずいき(芋茎)秋
すいせん(水仙)冬
すいちゅうか(水中花)夏
すいーとぴー(スイートピー)春
すいば(酸葉)春
すいはん(水飯)夏
すいばん(水盤)夏
すいれん(睡蓮)夏
すきー(スキー)冬
すぎおちば(杉落葉)夏
すきぞめ(梳き初)新年
すぎな(杉菜)春
すぎのはな(杉の花)春
すぎのみ(杉の実)秋
すきまかぜ(隙間風)冬
ずきん(頭巾)冬
すぐき(酢茎)冬
すぐろのすすき(末黒の芒)春
すげ(菅)秋
すげかり(菅刈)夏
すけーと(スケート)冬
すごろく(双六)新年
すさまじ(冷まじ)秋
すし(鮓)夏
すじゅうき(素十忌)秋
すすき(芒)秋
すずき(鱸)秋
すすごもり(煤籠)冬
すずし(涼し)夏
すずのこ(篠の子)夏
すすはらい(煤払)冬
すずみ(納涼)夏
すずみじょうるり(涼み浄瑠璃)夏
すずむし(鈴虫)秋
すずめのこ(雀の子)春
すずめのす(雀の巣)春
すすゆ(煤湯)冬
すずらん(鈴蘭)夏
すずりあらい(硯洗)秋
すだち(巣立)春
すちーむ(スチーム)冬
すつくる(酢造る)秋
すてずきん(捨頭巾)春
すとーぶ(ストーブ)冬
すべりひゆ(滑ひゆ)夏
すみ(炭)冬
すみうり(炭売)冬
すみとり(炭斗)冬
すみび(炭火)冬
すみやき(炭焼)冬
すみれ(菫)春
すもも(李)夏
すもものはな(李の花)春


せいか(盛夏)夏
せいじんのひ(成人の日)新年
せいちゃ(製茶)春
せいぼ(歳暮)冬
せいもんばらい(誓文払)秋
せがき(施餓鬼)秋
せき(咳)冬
せきしょう(石菖)夏
せきちく(石竹)夏
せきてん(釈奠)春
せきり(赤痢)夏
せきれい(鶺鴒)秋
せごし(背越)夏
せっき(節季)冬
せっけい(雪渓)夏
せっこくのはな(石斛の花)夏
せったい(摂待)秋
せつぶん(節分)冬
せなぶとん(背蒲団)冬
せみ(蝉)夏
せみまるき(蝉丸忌)夏
せり(芹)春
せりつむ(芹摘む)春
せる(セル)夏
せんだんのみ(栴檀の実)秋
せんていさい(先帝祭)春
せんにちこう(千日紅)夏
せんぷうき(扇風機)夏
せんぶりひく(千振引く)秋
ぜんまい(薇)春
せんりょう(千両)冬


そうぎき(宗祇忌)秋
ぞうきもみじ(雑木紅葉)秋
そうじゅつをやく(蒼朮を焼く)夏
そうしゅん(早春)春
そうず(添水)秋
ぞうすい(雑炊)冬
そうせきき(漱石忌)冬
そーだすい(ソーダ水)夏
ぞうに(雑煮)新年
そうばい(早梅)冬
そうまとう(走馬燈)秋
そぞろさむ(そぞろ寒)秋
そつぎょう(卒業)春
そてつのはな(蘇鉄の花)夏
そとね(外寝)夏
そば(蕎麦)秋
そばがき(蕎麦掻)冬
そばかり(蕎麦刈)冬
そばのはな(蕎麦の花)秋
そばゆ(蕎麦湯)冬
そらまめ(蚕豆)夏
そらまめひき(蚕豆引)夏
そり(雪車)冬


たいあみ(鯛網)春
だいかん(大寒)冬
だいこたき(大根焚)冬
だいこまく(大根蒔く)秋
だいこん(大根)冬
だいこんのはな(大根の花)春
だいこんびき(大根引)冬
たいざんぼくのはな(泰山木の花)夏
だいしけん(大試験)春
だいしこう(大師講)冬
だいず(大豆)秋
だいだい(橙)秋
だいだいのはな(橙の花)夏
たいふう(颱風)秋
だいもんじ(大文字)秋
だいもんじそう(大文字草)秋
たうえ(田植)夏
たうち(田打)春
たか(鷹)冬
たかがり(鷹狩)冬
たかきび(高黍)秋
たかのす(鷹の巣)春
たがめ(田亀)夏
たかむしろ(簟)夏
たがやし(耕)春
たき(滝)夏
たきどの(滝殿)夏
たきび(焚火)冬
たぐさとり(田草取)夏
たけうう(竹植う)夏
たけうま(竹馬)冬
たけおちば(竹落葉)夏
たけがり(茸狩)秋
たけきる(竹伐る)秋
たけしょうぎ(竹床几)夏
たけのあき(竹の秋)春
たけのかわぬぐ(竹の皮脱ぐ)夏
たけのこ(筍)夏
たけのこめし(筍飯)夏
たけのはる(竹の春)秋
たけのみ(竹の実)秋
たけやま(茸山)秋
たこ(凧)春
ただなおき(忠直忌)秋
たたみがえ(畳替)冬
たちばな(橘)秋
たちまちづき(立待月)秋
たっぺ(竹瓮)冬
たで(蓼)夏
たでのはな(蓼の花)秋
たどん(炭団)冬
たなばた(七夕)秋
たにし(田螺)春
たにしあえ(田螺和)春
たにしとり(田螺取)春
たぬき(狸)冬
たぬきわな(狸罠)冬
たねい(種井)春
たねえらみ(種選)春
たねかがし(種案山子)春
たねだわら(種俵)春
たねとり(種採)秋
たねなす(種茄子)秋
たねふくべ(種瓢)秋
たねまき(種蒔)春
たねもの(種物)春
たばこのはな(煙草の花)秋
たび(足袋)冬
たまござけ(玉子酒)冬
たまだな(霊棚)秋
たまねぎ(玉葱)夏
たままつり(魂祭)秋
たまむし(玉虫)夏
たみずわく(田水湧く)夏
たら(鱈)冬
たらのめ(鱈の芽)春
だりや(ダリヤ)夏
だるまき(達磨忌)冬
たわらあみ(俵編)秋
たんご(端午)夏
たんじつ(短日)冬
たんぜん(丹前)冬
たんばい(探梅)冬
たんばくき(炭爆忌)冬
たんぽ(湯婆)冬
だんぼう(暖房)冬
たんぽぽ(蒲公英)春


ちかまつき(近松忌)冬
ぢきたりす(ヂキタリス)夏
ちくでんき(竹田忌)秋
ちくふじん(竹夫人)夏
ちどり(千鳥)冬
ちどりのす(千鳥の巣)春
ちぬつり(ちぬ釣り)夏
ちのわ(茅の輪)夏
ちまき(粽)夏
ぢむしなく(地虫鳴く)秋
ちゃぐちゃぐうまっこ(チャグチャグ馬っ子)夏
ちゃたてむし(茶立虫)秋
ちゃつみ(茶摘)春
ちゃのはな(茶の花)冬
ちゃんちゃんこ(ちゃんちゃんこ)冬
ちゅうげん(中元)秋
ちゅうしゅう(仲秋)秋
ちゅうりっぷ(チューリップ)春
ちょう(蝶)春
ちょうとじ(帳綴)新年
ちょうよう(重陽)秋
ぢんちょうげ(沈丁花)春


ついな(追儺)冬
つき(月)秋
つぎき(接木)春
つきみ(月見)秋
つきみそう(月見草)夏
つくし(土筆)春
つくしつむ(つくし摘む)春
つくばね(衝羽根)秋
つぐみ(鶫)秋
つくりだき(作り滝)夏
つげのはな(黄楊の花)春
つた(蔦)秋
つたのめ(蔦の芽)春
つたもみじ(蔦紅葉)秋
つたわかば(蔦若葉)春
つちふる(霾る)春
つつどり(筒鳥)夏
つつじ(躑躅)春
つなひき(綱曳)新年
つのきり(角切)秋
つのまた(角又)春
つばき(椿)春
つばきのみ(椿の実)秋
つばきもち(椿餅)春
つばな(茅花)春
つばめ(燕)春
つばめかえる(燕帰る)秋
つばめのこ(燕の子)夏
つばめのす(燕の巣)春
つぼやき(壺焼)春
つままのはな(都万麻の花)春
つみくさ(摘草)春
つめたし(冷たし)冬
つゆ(梅雨)夏
つゆ(露)秋
つゆあけ(梅雨明)夏
つゆくさ(露草)秋
つゆざむ(露寒)秋
つゆじも(露霜)秋
つゆすずし(露涼し)夏
つゆだけ(梅雨茸)夏
つらら(氷柱)冬
つりがねそう(釣鐘草)夏
つりしのぶ(釣荵)夏
つりぼり(釣堀)夏
つるうめもどき(蔓梅擬)秋
つるきたる(鶴来る)秋
つるしがき(吊し柿)秋
つるのす(鶴の巣)春
つわのはな(石蕗の花)冬


てあぶり(手焙)冬
でがわり(出代)春
でぞめ(出初)新年
てつせんか(鉄線花)夏
てながえび(手長蝦)夏
てぶくろ(手袋)冬
てまり(手毬)新年
てまりばな(繍毬花)夏
でみず(出水)夏
てりは(照葉)秋
でんがく(田楽)春
てんかふん(天瓜粉)夏
てんぐさとり(天草取)夏
てんじんまつり(天神祭)夏
てんとうむし(天道虫)夏
てんのうたんじょうび(天皇誕生日)春


とういす(籐椅子)夏
とうが(冬瓜)秋
とうかしたし(燈下親し)秋
とうがらし(唐辛)秋
とうがらしのはな(蕃椒の花)夏
どうぎ(胴着)冬
どうぎぬぐ(胴着脱ぐ)春
とうぎゅう(闘牛)春
どうげんき(道元忌)秋
とうこう(冬耕)冬
とうし(凍死)冬
とうじ(冬至)冬
とうじぶね(湯治舟)春
とうせい(鞜青)春
どうだんのはな(満天星の花)春
とうもろこし(玉蜀黍)秋
とうもろこしのはな(玉蜀黍の花)夏
とうようとう(桃葉湯)夏
とうろう(燈籠)秋
とうろう(蟷螂)秋
とうろううまる(蟷螂生る)夏
どうわさい(童話祭)夏
とおかえびす(十日戎)新年
とおしがも(通し鴨)夏
とかげ(蜥蜴)夏
ときわぎおちば(常磐木落葉)夏
どくけしうり(毒消売)夏
とくさかる(木賊刈る)秋
とこなつ(常夏)夏
とこぶし(常節)春
ところ(野老)新年
ところてん(心太)夏
ところほる(野老掘る)秋
とざん(登山)夏
としきこり(年木樵)冬
としこし(年越)冬
としごもり(年籠)冬
としだま(年玉)新年
としのいち(年の市)冬
としのうち(年の内)冬
としのよ(年の夜)冬
としのくれ(年の暮)冬
としまもる(年守る)冬
としようい(年用意)冬
どじょうなべ(泥鰌鍋)夏
どじょうほる(泥鰌掘る)冬
としわすれ(年忘)冬
とそ(屠蘇)新年
とちのみ(橡の実)秋
とびうお(飛魚)夏
とまと(トマト)夏
どよう(土用)夏
どよううなぎ(土用鰻)夏
どようきゅう(土用灸)夏
どようしじみ(土用蜆)夏
どようなみ(土用浪)夏
どようめ(土用芽)夏
とらがあめ(虎ヶ雨)夏
とらのお(虎尾草)夏
とりあわせ(鶏合)春
とりおどし(鳥威)秋
とりかえる(鳥帰る)春
とりかぶと(鳥頭)秋
とりき(取木)春
とりさかる(鳥交る)春
とりのいち(酉の市)冬
とりのす(鳥の巣)春
とりもちつく(鳥黐搗く)夏
どんぐり(団栗)秋
どんたく(どんたく)春
とんぼ(蜻蛉)秋
とんぼうまる(蜻蛉生る)夏

なえうう(苗植う)夏
なえうり(苗売)夏
なえぎいち(苗木市)春
なえぎうう(苗木植う)春
なえどこ(苗床)春
なえはこび(苗運び)夏
なえもの(苗物)夏
ながいも(薯蕷)秋
ながし(ながし)夏
ながつき(長月)秋
なかて(中稲)秋
なきぞめ(泣初)新年
なし(梨)秋
なしのはな(梨の花)春
なすび(茄子)夏
なすうう(茄子植う)夏
なすづけ(茄子漬)夏
なずなのはな(薺の花)春
なすのはな(茄子の花)夏
なすまく(茄子蒔く)春
なたねがり(菜種刈)夏
なたねごく(菜種御供)春
なたねふぐ(菜種河豚)春
なたねまく(菜種蒔く)秋
なたまめ(刀豆)秋
なだれ(雪崩)春
なつ(夏)夏
なつあざみ(夏薊)夏
なつえり(夏襟)夏
なつおび(夏帯)夏
なつがすみ(夏霞)夏
なつき(夏木)夏
なつぎく(夏菊)夏
なつくさ(夏草)夏
なつぐみ(夏茱萸)夏
なつぐわ(夏桑)夏
なつご(夏蚕)夏
なつこだち(夏木立)夏
なつごろも(夏衣)夏
なつざしき(夏座敷)夏
なつざぶとん(夏座布団)夏
なつしばい(夏芝居)夏
なつだいこん(夏大根)夏
なつたび(夏足袋)夏
なつちかし(夏近し)春
なつてぶくろ(夏手袋)夏
なっとうじる(納豆汁)冬
なつねぎ(夏葱)夏
なつの(夏野)夏
なつのあさ(夏の朝)夏
なつのあめ(夏の雨)夏
なつのうみ(夏の海)夏
なつのかわ(夏の川)夏
なつのちょう(夏の蝶)夏
なつのつき(夏の月)夏
なつのやま(夏の山)夏
なつのゆう(夏の夕)夏
なつのよ(夏の夜)夏
なつのれん(夏暖簾)夏
なつばおり(夏羽織)夏
なつばかま(夏袴)夏
なつはぎ(夏萩)夏
なつばしょ(夏場所)夏
なつふく(夏服)夏
なつぶとん(夏布団)夏
なつぼうし(夏帽子)夏
なつみかん(夏蜜柑)夏
なつめ(棗)秋
なつめく(夏めく)夏
なつやかた(夏館)夏
なつやすみ(夏休)夏
なつやせ(夏痩)夏
なつよもぎ(夏蓬)夏
なつりょうり(夏料理)夏
なつろ(夏炉)夏
なつわらび(夏蕨)夏
なでしこ(撫子)秋
ななかまどのみ(ななかまどの実)秋
ななくさ(七草)秋
ななくさ(七種)新年
ななくさがゆ(七種粥)新年
なにわおどり(浪花踊)春
なのはな(菜の花)春
なべやき(鍋焼)冬
なまこ(海鼠)冬
なまこつき(海鼠突)冬
なまず(鯰)夏
なまりぶし(生節)夏
なむし(菜虫)秋
なめし(菜飯)春
なめくじ(蛞蝓)夏
ならのやまやき(奈良の山焼)春
なるこ(鳴子)秋
なわしろ(苗代)春
なわしろぐみ(苗代茱萸)春
なわしろぐみのはな(苗代茱萸の花)冬
なんてんのはな(南天の花)夏
なんてんのみ(南天の実)秋


にがつ(二月)春
にがつれいじゃ(二月礼者)春
にこごり(煮凝)冬
にごりざけ(濁酒)秋
にごりぶな(濁り鮒)夏
にじ(虹)夏
にしきぎ(錦木)秋
にしきぎのはな(錦木の花)夏
にしび(西日)夏
にしまつり(西祭)夏
にじゅうさんや(二十三夜)秋
にしん(鯡)春
にちにちそう(日々草)夏
にっきかう(日記買う)冬
にっきはつ(日記果つ)冬
にっしゃびょう(日射病)夏
にな(蜷)春
にのかわり(二の替)春
にひゃくとうか(二百十日)秋
にゅうがく(入学)春
にゅうばい(入梅)夏
にら(韭)春
にらのはな(韮の花)夏
にわうめのはな(郁季の花)春
にわとこのはな(接骨木の花)春
にわとこのめ(接骨木の芽)春
にんじん(胡蘿蔔)冬
にんじんのはな(胡蘿蔔の花)夏
にんにく(蒜)春


ぬいぞめ(縫初)新年
ぬかご(零余子)秋
ぬかごめし(零余子飯)秋
ぬなわ(蓴)夏
ぬなわおう(蓴生う)春
ぬなわぶね(蓴舟)夏
ぬるでもみじ(白膠木紅葉)秋


ねぎ(葱)冬
ねぎぼうず(葱坊主)春
ねきりむし(根切虫)夏
ねござ(寝茣蓙)夏
ねこのこい(猫の恋)春
ねこやなぎ(猫柳)春
ねしょうがつ(寝正月)新年
ねぢあやめ(ねぢあやめ)春
ねつきうち(根木打)冬
ねったいや(熱帯夜)夏
ねづり(根釣)秋
ねはん(涅槃)春
ねはんにし(涅槃西風)春
ねびえ(寝冷)夏
ねぶかじる(根深汁)冬
ねむのはな(合歓の花)夏
ねりくよう(練供養)夏
ねんが(年賀)新年
ねんぐおさめ(年貢納)冬
ねんしゅ(年酒)新年
ねんねこ(ねんねこ)冬


のあそび(野遊)春
のうぜんか(凌霄花)夏
のぎく(野菊)秋
のこぎりそう(鋸草)夏
のちのつき(後の月)秋
のっぺいじる(のっぺい汁)冬
のどか(長閑)春
のびる(野蒜)春
のびるのはな(野蒜の花)夏
のぼり(幟)夏
のぼりやな(上り簗)春
のまおい(野馬追)夏
のみ(蚤)夏
のみとりこ(蚤取粉)夏
のやく(野焼く)春
のやまのにしき(野山の錦)秋
のり(海苔)春
のりぞめ(乗初)新年
のりぞめ(騎初)新年
のりとり(海苔採)春
のわき(野分)秋


はあり(羽蟻)夏
ばいえん(梅園)春
ばいしゅ(梅酒)夏
はえ(蝿)夏
はえうまる(蝿生る)春
はえとりぐさ(蝿取草)夏
はえとりぐも(蝿虎)夏
はえよけ(蝿除)夏
はがため(歯固)新年
はかまいり(墓参)秋
はかまのう(袴能)夏
はぎ(萩)秋
はきおさめ(掃納)冬
はぎかり(萩刈)秋
はきぞめ(掃初)新年
はぎねわけ(萩根分)春
はぎわかば(萩若葉)春
はくさい(白菜)冬
はくしょ(薄暑)夏
はくや(白夜)夏
はげいとう(葉鶏頭)秋
はごいたいち(羽子板市)冬
はこづり(箱釣)夏
はこにわ(箱庭)夏
はこべ(繁縷)春
はざ(稲架)秋
はざくら(葉桜)夏
はしい(端居)夏
ばしょう(芭蕉)秋
ばしょうき(芭蕉忌)冬
ばしょうのはな(芭蕉の花)夏
ばしょうふ(芭蕉布)夏
ばしょうまきば(芭蕉巻葉)夏
はす(蓮)夏
はすうう(蓮植う)春
はすねほる(蓮根掘る)冬
はすのうきは(蓮の浮葉)夏
はすのみとぶ(蓮の実飛ぶ)秋
はすみ(蓮見)夏
はぜ(鯊)秋
はぜちぎり(櫨ちぎり)秋
はぜつり(鯊釣)秋
はぜのみ(櫨の実)秋
はぜもみじ(櫨紅葉)秋
はたうち(畑打)春
はだか(裸)夏
はださむ(肌寒)秋
はだし(跣足)夏
はだぬぎ(肌脱)夏
はち(蜂)春
はちがつ(八月)秋
はちじゅうはちや(八十八夜)春
はちたたき(鉢叩)冬
はちのす(蜂の巣)春
はつあかり(初明り)新年
はつあき(初秋)秋
はつあきない(初商)新年
はつあらし(初嵐)秋
はついかだ(初筏)春
はつう(初卯)新年
はつうま(初午)春
はつかがみ(初鏡)新年
はつがつお(初堅)夏
はつがま(初釜)新年
はつかまど(初竈)新年
はつがみ(初髪)新年
はつがらす(初鴉)新年
はづき(葉月)秋
はつくかい(初句会)新年
はつげしき(初景色)新年
はつげしょう(初化粧)新年
はつごおり(初氷)冬
はつごよみ(初暦)新年
はつこんぴら(初金毘羅)新年
はっさく(八朔)秋
はつざくら(初桜)春
はつしお(初潮)秋
はつしぐれ(初時雨)冬
はつしばい(初芝居)新年
はつしも(初霜)冬
はつすずめ(初雀)新年
はつずり(初刷)新年
はつぞら(初空)新年
ばった(ばった)秋
はったい(はったい)夏
はつだいし(初大師)新年
はつだけ(初茸)秋
はつだより(初便)新年
はつちょうず(初手水)新年
はつづき(初月)秋
はつてんじん(初天神)新年
はつとら(初寅)新年
はつとり(初鶏)新年
はつなぎ(初凪)新年
はつに(初荷)新年
はつばしょ(初場所)新年
はつはる(初春)春
はつひ(初日)新年
はつふぎん(初諷経)新年
はつふじ(初富士)新年
はつふゆ(初冬)冬
はつみくじ(初みくじ)新年
はつもうで(初詣)新年
はつもみじ(初紅葉)秋
はつやくし(初薬師)新年
はつゆ(初湯)新年
はつゆき(初雪)冬
はつゆめ(初夢)新年
はつらい(初雷)春
はつりょう(初猟)秋
ばていき(馬貞忌)秋
はとのす(鳩の巣)春
はな(花)春
はないか(花烏賊)春
はなかがり(花篝)春
はなぐもり(花曇)春
はなくよう(花供養)春
はなごおり(花氷)夏
はなござ(花茣蓙)夏
はなしょうぶ(花菖蒲)夏
はなじらみ(花虱)春
はなずおう(紫荊)春
はなたちばな(花橘)夏
はなだねまく(花種蒔く)春
はなだより(花便)春
はななづけ(花菜漬)春
はなの(花野)秋
はなび(花火)秋
はなびせんこう(花火線香)秋
はなまつり(花祭)春
はなみ(花見)春
はなみどう(花御堂)春
はぬけどり(葉脱鳥)夏
ははきぎ(帚木)夏
ははこぐさ(母子草)春
ははそ(柞)秋
ははのひ(母の日)夏
はぶ(飯匙倩)夏
はぼたん(葉牡丹)冬
はまえんどう(浜豌豆)夏
はまぐり(蛤)春
はまなす(はまなす)夏
はまひるがお(浜昼顔)夏
はまゆう(浜木綿)夏
はまゆみ(破魔弓)新年
はも(鱧)夏
はやなぎ(葉柳)夏
はやぶさ(隼)冬
ばら(薔薇)夏
はらあて(腹当)夏
ばらのめ(薔薇の芽)春
はらみじか(孕鹿)春
はらみすずめ(孕雀)春
はりくよう(針供養)春
はる(春)春
はるあさし(春浅し)春
はるおしむ(春惜しむ)春
はるかぜ(春風)春
はるぎ(春着)新年
はるぎぬう(春着縫う)冬
はるごたつ(春炬燵)春
はるさむ(春寒)春
はるさめ(春雨)春
はるしぐれ(春時雨)春
はるじたく(春支度)冬
はるた(春田)春
はるだいこん(春大根)春
はるとなり(春隣)冬
はるのうみ(春の海)春
はるのか(春の蚊)春
はるのかぜ(春の風邪)春
はるのかわ(春の川)春
はるのくさ(春の草)春
はるのくれ(春の暮)春
はるのそら(春の空)春
はるのちり(春の塵)春
はるのつき(春の月)春
はるのの(春の野)春
はるのはえ(春の蝿)春
はるのひ(春の日)春
はるのみず(春の水)春
はるのやま(春の山)春
はるのゆき(春の雪)春
はるのよ(春の夜)春
はるのよい(春の宵)春
はるひがさ(春日傘)春
はるふかし(春深し)春
はるまつ(春待つ)冬
はるめく(春めく)春
ばれんたいん(バレンタイン)春
ばん(鷭)夏
ばんか(晩夏)夏
はんかちーふ(ハンカチーフ)夏
はんげしょう(半夏生)夏
はんもっく(ハンモック)夏


ひあしのぶ(日脚伸ぶ)冬
びーる(麦酒)夏
ひいらぎさす(柊挿す)冬
ひいらぎのはな(柊の花)冬
ひえ(稗)秋
ひえまき(稗蒔)夏
ひおうぎ(射干)夏
ひおけ(火桶)冬
ひがさ(日傘)夏
ひがら(日雀)秋
ひかん(避寒)冬
ひがん(彼岸)春
ひがんざくら(彼岸桜)春
ひがんまいり(彼岸詣)春
ひきがえる(蟇)夏
ひきがも(引鴨)春
ひきぞめ(弾初め)新年
ひきづる(引鶴)春
ひぐらし(蜩)秋
ひこばえ(蘖)春
ひざかり(日盛)夏
ひさごのはな(瓢の花)夏
ひじき(鹿尾菜)春
ひしのはな(菱の花)夏
ひしのみ(菱の実)秋
ひしもち(菱餅)春
ひしょ(避暑)夏
ひすずし(燈涼し)夏
ひたき(鶲)冬
ひだら(干鱈)春
ひつじのけきる(羊の毛剪る)春
ひでり(旱)夏
ひとえ(単衣)夏
ひとつば(一つ葉)夏
ひとまるき(人丸忌)春
ひとりしずか(一人静か)春
ひとりむし(火取虫)夏
ひな(雛)春
ひないち(雛市)春
ひなが(日永)春
ひなぎく(雛菊)春
ひなげし(雛罌栗)夏
ひなたぼこり(日向ぼこり)冬
ひなたみず(日向水)夏
びなんかずら(美男葛)秋
ひのばん(火の番)冬
ひばち(火鉢)冬
ひはも(干鱧)夏
ひばり(雲雀)春
ひばりのす(雲雀の巣)春
ひふ(被布)冬
ひまつり(火祭)秋
ひまわり(向日葵)夏
ひむろ(氷室)夏
ひゃくにちそう(百日草)夏
ひやけ(日焼)夏
ひやけだ(日焼田)夏
ひやざけ(冷酒)夏
ひやしうり(冷瓜)夏
ひやしこーひー(冷し珈琲)夏
ひやしこうちゃ(冷し紅茶)夏
ひやじる(冷汁)夏
ひやしんす(ヒヤシンス)春
ひやそうめん(冷索麺)夏
ひやむぎ(冷麦)夏
ひややか(冷やか)秋
ひややっこ(冷奴)夏
ひゆ(ひゆ)夏
ひょう(雹)夏
びょうぶ(屏風)冬
びようやなぎ(未央柳)夏
ひよけ(日除)夏
ひよどり(鵯)秋
ひょんのみ(瓢の実)秋
ひらはっこう(比良八講)春
ひる(蛭)夏
ひるがお(昼顔)夏
ひるね(昼寝)夏
ひるむしろ(蛭蓆)夏
ひわ(鶸)秋
びわ(枇杷)夏
びわのはな(枇杷の花)冬
びわようとう(枇杷葉湯)夏


ふいごまつり(鞴祭)冬
ふうせん(風船)春
ふうちそう(風知草)夏
ふうらん(風蘭)夏
ふうりん(風鈴)夏
ふき(蕗)夏
ふきながし(吹流し)夏
ふきのとう(蕗の薹)春
ふぐ(河豚)冬
ふくじゅそう(福寿草)新年
ふぐじる(河豚汁)冬
ふくびき(福引)新年
ふくべ(瓢)秋
ふくろう(梟)冬
ふくろかけ(袋掛)夏
ふくろぐも(袋蜘蛛)夏
ふくろづの(袋角)夏
ふくわかし(福沸)新年
ふくわら(福藁)新年
ふけい(噴井)夏
ふけまちづき(更待月)秋
ふし(五倍子)秋
ふじ(藤)春
ふじあざみ(富士薊)秋
ふじだな(藤棚)春
ふしづけ(柴漬)冬
ふじのはつゆき(富士の初雪)秋
ふじのみ(藤の実)秋
ふじのゆきげ(富士の雪解)夏
ふじばかま(藤袴)秋
ふしまちづき(臥待月)秋
ふじまめ(藤豆)秋
ふじもうで(富士詣)夏
ぶしゅかん(仏手柑)秋
ふすま(衾)冬
ふすまはずす(衾外す)夏
ぶそんき(蕪村忌)冬
ふだおさめ(札納)冬
ふつか(二日)新年
ふっかつさい(復活祭)春
ふつかづき(二日月)秋
ふつかきゅう(二日灸)春
ぶっぽうそう(仏法僧)夏
ぶと(蚋)夏
ふとい(太藺)夏
ぶといぶし(蚋いぶし)夏
ぶどう(葡萄)秋
ふところで(懐手)冬
ふとばし(太箸)新年
ふとん(蒲団)冬
ふなあそび(船遊び)夏
ふなしばい(船芝居)夏
ふななます(鮒膾)春
ふなむし(船虫)夏
ふなりょうり(鮒料理)夏
ふのり(海蘿)夏
ふみづき(文月)秋
ふゆ(冬)冬
ふゆあたたか(冬暖か)冬
ふゆあんご(冬安居)冬
ふゆいちご(冬苺)冬
ふゆがすみ(冬霞)冬
ふゆがまえ(冬構)冬
ふゆがれ(冬枯)冬
ふゆき(冬木)冬
ふゆぎんが(冬銀河)冬
ふゆこだち(ふゆこだち)冬
ふゆごもり(冬籠)冬
ふゆざくら(冬桜)冬
ふゆざしき(冬座敷)冬
ふゆざれ(冬ざれ)冬
ふゆじたく(冬支度)秋
ふゆそうび(冬薔薇)冬
ふゆた(冬田)冬
ふゆちかし(冬近し)秋
ふゆな(冬菜)冬
ふゆなぎ(冬凪)冬
ふゆなばた(冬菜畑)冬
ふゆにじ(冬虹)冬
ふゆの(冬野)冬
ふゆのあさ(冬の朝)冬
ふゆのあぶ(冬の虻)冬
ふゆのあめ(冬の雨)冬
ふゆのうみ(冬の海)冬
ふゆのかり(冬の雁)冬
ふゆのかわ(冬の川)冬
ふゆのくさ(冬の草)冬
ふゆのくも(冬の雲)冬
ふゆのそら(冬の空)冬
ふゆのちょう(冬の蝶)冬
ふゆのつき(冬の月)冬
ふゆのとり(冬の鳥)冬
ふゆのはえ(冬の蝿)冬
ふゆのはち(冬の蜂)冬
ふゆのひ(冬の日)冬
ふゆのみず(冬の水)冬
ふゆのやま(冬の山)冬
ふゆのよ(冬の夜)冬
ふゆびより(冬日和)冬
ふゆふく(冬服)冬
ふゆぼう(冬帽)冬
ふゆめく(冬めく)冬
ふゆもみじ(冬紅葉)冬
ふゆやすみ(冬休)
ふよう(芙蓉)秋
ぶり(鰤)冬
ふりーじあ(フリージア)春
ぶりあみ(鰤網)冬
ふるくさ(古草)春
ふるごよみ(古暦)冬
ふるす(古巣)春
ふるまいみず(振舞水)夏
ふれーむ(フレーム)冬
ふろ(風炉)夏
ふろふき(風呂吹)冬
ぶんかのひ(文化の日)冬
ふんすい(噴水)夏


へちま(糸瓜)秋
へちまのはな(糸瓜の花)夏
へちままく(糸瓜蒔く)春
べったらいち(べったら市)秋
べにのはな(紅の花)夏
へび(蛇)夏
へびあなをいづ(蛇穴を出づ)春
へびあなにいる(蛇穴に入る)秋
へびいちご(蛇苺)夏
へびのきぬ(蛇の衣)夏
へひりむし(放屁虫)秋
べら(べら)夏
べらつり(べら釣り)夏
べんけいそう(弁慶草)秋
へんろ(遍路)春


ぼーと(ボート)夏
ぼーとれーす(ボートレース)春
ぼーなす(ボーナス)冬
ほうおんこう(報恩講)冬
ほうしぜみ(法師蝉)秋
ほうじょうえ(放生会)秋
ほうせんか(鳳仙花)秋
ほうねん(豊年)秋
ぼうふう(防風)春
ぼうふうとり(防風採)春
ほうふら(孑孑)夏
ほうらい(蓬莱)新年
ほうれんそう(菠薐草)春
ほえかご(宝恵駕)新年
ほおかぶり(頬被)冬
ほおじろ(頬白)秋
ほおずき(鬼灯)秋
ほおずきいち(鬼灯市)夏
ほおずきのはな(鬼灯の花)夏
ほおのはな(朴の花)夏
ほぐし(火串)夏
ほげい(捕鯨)冬
ぼけのはな(木瓜の花)春
ほしいい(干飯)夏
ほしうり(乾瓜)夏
ほしくさ(干草)夏
ほしづきよ(星月夜)秋
ほしな(干菜)冬
ほしまつり(星祭)秋
ほだ(榾)冬
ぼだいし(菩提子)秋
ほたる(螢)夏
ほたるいか(蛍烏賊)春
ほたるかご(螢籠)夏
ほたるがり(蛍狩)夏
ほだわら(穂俵)新年
ぼたん(牡丹)夏
ぼたんえん(牡丹園)夏
ぼたんのめ(牡丹の芽)春
ぼたんのねわけ(牡丹の根分)秋
ほていそう(布袋草)夏
ほととぎす(時鳥)夏
ほととぎすそう(時鳥草)秋
ぼんきょうげん(盆狂言)秋
ぼんたんづけ(文旦漬)秋
ぼんのつき(盆の月)秋
ぼんばい(盆梅)春


まいぞめ(舞初)新年
まいまい(まひまひ)夏
まくなぎ(まくなぎ)夏
まぐろ(鮪)冬
まぐろぶね(鮪船)冬
まこも(真菰)夏
まこものうま(真菰の馬)秋
まこものはな(真菰の花)秋
まさきのみ(柾の実)秋
ます(鱒)春
ますく(マスク)冬
またたび(木天蓼)夏
まつおさめ(松納)新年
まつおちば(松落葉)夏
まつすぎ(松過)新年
まつぜみ(松蝉)夏
まつたけ(松茸)秋
まつたけめし(松茸飯)秋
まつていれ(松手入)秋
まつのうち(松の内)新年
まつのはな(松の花)春
まつばうど(松葉独活)春
まつばぎく(松葉菊)夏
まつばぼたん(松葉牡丹)夏
まつむし(松虫)秋
まつむしり(松毟鳥)春
まつよい(待宵)秋
まつり(祭)夏
まて(馬刀)春
まてつき(馬刀突)春
まびきな(間引菜)秋
まむし(蝮蛇)夏
まむしざけ(蝮酒)夏
まめうう(豆植う)夏
まめのはな(豆の花)春
まめまき(豆撒)冬
まめめし(豆飯)夏
まゆ(繭)夏
まゆかい(繭買)夏
まゆかく(繭掻く)夏
まゆみのみ(檀の実)秋
まるにじ(円虹)夏
まんざい(万歳)新年
まんさく(金縷梅)春
まんじゅさげ(曼珠沙華)秋
まんりょう(万両)冬


みうめ(実梅)夏
みえいく(御影供)春
みかづき(三日月)秋
みかん(蜜柑)秋
みかんのはな(蜜柑の花)夏
みじかよ(短夜)夏
みずあおい(水葵)夏
みずあそび(水遊び)夏
みずあたり(水中り)夏
みずがい(水貝)夏
みずからくり(水からくり)夏
みずかる(水涸る)冬
みずきのはな(水木の花)夏
みずきょうげん(水狂言)夏
みずくさおう(水草生ふ)春
みずくさのはな(水草の花)夏
みずげんか(水喧嘩)夏
みずすむ(水澄む)秋
みずでっぽう(水鉄砲)夏
みずとり(水鳥)冬
みずとりのす(水鳥の巣)夏
みずな(水菜)春
みずな(みづ菜)春
みずぬるむ(水温む)春
みずばしょう(水芭蕉)春
みずばな(水洟)冬
みずばん(水番)夏
みずひきのはな(水引の花)秋
みずみまい(水見舞)夏
みずむし(水虫)夏
みずもち(水餅)冬
みずようかん(水羊羮)夏
みせばや(みせばや)秋
みそかそば(晦日蕎麦)冬
みそぎ(御祓)夏
みそさざい(鷦鷯)冬
みぞさらえ(溝浚へ)夏
みぞそば(溝蕎麦)秋
みそつき(味噌搗)冬
みぞはぎ(溝萩)秋
みぞれ(霙)冬
みちおしえ(道おしへ)夏
みっか(三日)新年
みつばぜり(三葉芹)春
みつまめ(蜜豆)夏
みどり(緑)夏
みどりつむ(緑摘む)春
みなくちまつり(水口祭)春
みなづき(水無月)夏
みなみ(南風)夏
みにしむ(身に入む)秋
みねいり(峰入)夏
みのむし(蓑虫)秋
みぶねんぶつ(壬生念仏)春
みまつり(箕祭)冬
みみず(蚯蚓)夏
みみずく(木菟)冬
みみずくなく(木菟鳴く)秋
みみぶくろ(耳袋)冬
みもざのはな(ミモザの花)春
みやこおどり(都踊)春
みやこぐさ(都草)夏
みやこどり(都鳥)冬
みょうがじる(茗荷汁)夏
みょうがたけ(茗荷竹)春
みょうがのこ(茗荷の子)夏
みょうがのはな(茗荷の花)秋
みる(梅松)夏


むかえび(迎火)秋
むかえがね(迎鐘)秋
むかで(百足虫)夏
むぎ(麦)夏
むぎうずら(麦鶉)春
むぎうち(麦打)夏
むぎかり(麦刈)夏
むぎこき(麦扱)夏
むぎのあき(麦の秋)夏
むぎのめ(麦の芽)冬
むぎぶえ(麦笛)夏
むぎふみ(麦踏)春
むぎまき(麦蒔)冬
むぎめし(麦飯)夏
むぎゆ(麦湯)夏
むぎわら(麦藁)夏
むぎわらかご(麦藁籠)夏
むくげ(木槿)秋
むくどり(椋鳥)秋
むくのみ(椋の実)秋
むぐらわかば(葎若葉)春
むくろじ(無患子)秋
むげつ(無月)秋
むし(虫)秋
むしうり(虫売)秋
むしおくり(虫送)秋
むしかがり(虫篝)夏
むしぼし(虫干)夏
むしゃにんぎょう(武者人形)夏
むつごろう(ムツゴロウ)春
むつき(睦月)春
むひょう(霧氷)冬
むべ(郁子)秋
むべのはな(郁子の花)春
むろざき(室咲)冬


めいげつ(名月)秋
めいせつき(鳴雪忌)春
めーでー(メーデー)夏
めかりしんじ(若布刈神事)冬
めかりぶね(若布刈舟)春
めざし(目刺)春
めしざる(飯笊)夏
めしすえる(飯饐える)夏
めだか(目高)夏
めじろ(眼白)秋
めばりはぐ(目貼剥ぐ)春
めやなぎ(芽柳)春
めろん(メロン)夏


(藻)夏
もうふ(毛布)冬
もかり(藻刈)夏
もがりぶえ(虎落笛)冬
もくせい(木犀)秋
もぐらうち(土竜打)新年
もくれん(木蓮)春
もじずりそう(文字摺草)夏
もず(鵙)秋
もずく(海雲)春
もち(餅)冬
もちくばり(餅配)冬
もちごめあらう(餅米洗ふ)冬
もちつき(餅搗)冬
もちのはな(黐の花)夏
もちばな(餅花)新年
もちむしろ(餅莚)冬
もっこくのはな(木斛の花)夏
もののめ(ものの芽)春
ものはな(藻の花)夏
もみ(籾)秋
もみじ(紅葉)秋
もみじ(黄葉)秋
もみじかつちる(紅葉且散る)秋
もみじがり(紅葉狩)秋
もみじちる(紅葉散る)冬
もみじぶな(紅葉鮒)秋
もみすり(籾磨)秋
もも(桃)秋
ももちどり(百千鳥)春
ももてまつり(百々手祭)春
もものせっく(桃の節句)春
もものはな(桃の花)春
ももひき(股引)冬
もりたけき(守武忌)秋
もろこ(諸子)春


やいとばな(灸花)夏
やがく(夜学)秋
やきいも(焼藷)冬
やきごめ(焼米)秋
やきはまぐり(焼蛤)春
やくおとし(厄落)冬
やくづか(厄塚)冬
やくばらい(厄払)冬
やぐるま(矢車)夏
やぐるまぎく(矢車菊)夏
やけの(焼野)春
やこうちゅう(夜光虫)夏
やしょく(夜食)秋
やすらいまつり(安良居祭)春
やつでのはな(八手の花)冬
やどかり(寄居虫)春
やな(魚簗)夏
やなぎ(柳)春
やなぎちる(柳散る)秋
やなぎはえ(柳鮠)春
やねがえ(屋根替)春
やぶいり(薮入)新年
やぶこうじ(薮柑子)冬
やぶじらみ(薮虱)秋
やぶまき(薮巻)冬
やまがら(山雀)秋
やまくじら(山鯨)冬
やまごぼうのはな(山牛蒡の花)夏
やまのいも(自然薯)秋
やまねむる(山眠る)冬
やまはじめ(山始)新年
やまびらき(山開き)夏
やまぶき(山吹)春
やまぶどう(山葡萄)秋
やまぼうし(山帽子)夏
やままゆ(山繭)春
やまめ(山女)夏
やまもも(楊梅)夏
やまやく(山焼く)春
やまわらう(山笑う)春
やみじる(闇汁)冬
やもり(守宮)夏
ややさむ(やや寒)秋
やよい(弥生)春
やればしょう(破芭蕉)秋
やれはす(敗荷)秋


ゆいぞめ(結い初)新年
ゆうがお(夕顔)夏
ゆうがおまく(夕顔蒔く)春
ゆうがし(夕河岸)夏
ゆうがとう(誘蛾灯)夏
ゆうだち(夕立)夏
ゆうづきよ(夕月夜)秋
ゆうなぎ(夕凪)夏
ゆうやけ(夕焼)夏
ゆか(川床)夏
ゆかた(浴衣)夏
ゆき(雪)冬
ゆきおこし(雪起し)冬
ゆきおれ(雪折)冬
ゆきおろし(雪卸)冬
ゆきかき(雪掻)冬
ゆきがこい(雪囲)冬
ゆきがっせん(雪合戦)冬
ゆきぐつ(雪沓)冬
ゆきじょろう(雪女郎)冬
ゆきしろ(雪しろ)春
ゆきだるま(雪達磨)冬
ゆきつぶて(雪礫)冬
ゆきつり(雪吊)冬
ゆきどけ(雪解)春
ゆきのした(雪の下)夏
ゆきのはて(雪の果)春
ゆきばれ(雪晴)冬
ゆきふみ(雪踏)冬
ゆきま(雪間)春
ゆきまろげ(雪まろげ)冬
ゆきみ(雪見)冬
ゆきめ(雪眼)冬
ゆくあき(行秋)秋
ゆくとし(行年)冬
ゆくはる(行春)春
ゆげたて(湯気立)冬
ゆざめ(湯ざめ)冬
ゆず(柚子)秋
ゆすらうめ(山桜桃)夏
ゆすらのはな(山桜桃の花)春
ゆずゆ(柚子湯)冬
ゆずりは(楪)新年
ゆであずき(茹小豆)夏
ゆどうふ(湯豆腐)冬
ゆとん(油団)夏
ゆのはな(柚の花)夏
ゆみそ(柚味噌)秋
ゆみはじめ(弓始)新年
ゆり(百合)夏


よいち(夜市)夏
よいやみ(宵闇)秋
よか(余暇)夏
よかん(余寒)春
よぎ(夜着)冬
よさむ(夜寒)秋
よしきり(葭切)夏
よししょうじ(葭障子)夏
よしず(葭簀)夏
よしど(葭戸)夏
よしなかき(義仲忌)春
よすすぎ(夜濯)夏
よせなべ(寄鍋)冬
よたかそば(夜鷹蕎麦)冬
よっと(ヨット)夏
よづり(夜釣)夏
よなが(夜長)秋
よなべ(夜なべ)秋
よぶり(夜振)夏
よみせ(夜店)夏
よみぞめ(読初)新年
よめがきみ(嫁が君)新年
よめなつむ(嫁菜摘む)春
よもぎ(蓬)春
よもぎつむ(蓬摘む)春
よるのあき(夜の秋)夏


らいちょう(雷鳥)夏
らいらっく(ライラック)春
らっかせい(落花生)秋
らっきょう(辣韮)夏
らっきょうほる(辣韮掘る)夏
らむね(ラムネ)夏
らん(蘭)秋


りきゅうき(利休忌)春
りっか(立夏)夏
りっしゅう(立秋)秋
りっしゅん(立春)春
りっとう(立冬)冬
りゅうじょ(柳絮)春
りゅうせい(流星)秋
りゅうとう(流燈)秋
りゅうのたま(竜の玉)冬
りゅうひょう(流氷)春
りょうなごり(猟名残)春
りょうや(良夜)秋
りょくいん(緑陰)夏
りんかんがっこう(林間学校)夏
りんご(林檎)秋
りんごのはな(林檎の花)春
りんどう(竜胆)秋


るこうそう(縷紅草)夏
るり(瑠璃鳥)秋


れいし(茘枝)秋
れいぞうこ(冷蔵庫)夏
れいぼう(冷房)夏
れんぎょう(連翹)春
れんじゃく(連雀)秋


(炉)冬
ろうばい(臘梅)冬
ろうはつえ(臘八会)冬
ろくがつ(六月)夏
ろくさいねんぶつ(六斎念仏)秋
ろだい(露台)夏
ろびらき(炉開)冬
ろふさぎ(炉塞)春


わかあし(若蘆)春
わかあゆ(若鮎)春
わかかえで(若楓)夏
わかくさ(若草)春
わかごぼう(若牛蒡)夏
わかごも(若菰)春
わかさぎ(公魚)春
わかしば(若芝)春
わかたけ(若竹)夏
わかな(若菜)新年
わかば(若葉)夏
わかみず(若水)新年
わかみどり(若緑)春
わかめ(若布)春
わかれじも(別れ霜)春
わくらば(病葉)夏
わさび(山葵)春
わさびづけ(山葵漬)春
わし(鷲)冬
わしのす(鷲の巣)春
わすれなぐさ(勿忘草)春
わせ(早稲)秋
わた(綿)冬
わた(草棉)秋
わたいれ(綿入)冬
わたとり(綿取)秋
わたのはな(棉の花)夏
わたぼうし(綿帽子)冬
わたりどり(渡り鳥)秋
わびすけ(侘助)冬
わらいぞめ(笑初)新年
わらしごと(藁仕事)冬
わらづか(藁塚)秋
わらび(蕨)春
わらびがり(蕨狩)春
われもこう(吾亦紅)秋

                            蕗発行所「蕗吟行歳時記」より転載